再生トナーの評判について

再生トナーの評判について

再生トナーの評判について 再生トナーの評判は、使った人によって違います。
良い評判で多いのは、販売価格が安いことです。
純正品のトナーは、価格が高く印刷コストが跳ね上がる原因になっています。
しかし、社外品である再生トナーなら、大幅に安い価格で購入することが可能です。
純正トナーから代えるだけでコスト削減効果を実感できるので、利用者からは歓迎されています。
悪い評判で多いのは、品質についてです。
社外品である再生トナーは、純正トナーと同じ素材で作られているわけではありません。
ですから、純正トナーと同じ品質を期待すると、失望する結果となります。
しかし、あくまでも社外品と割り切って使うなら、それほど悪いとは感じません。
事実、予想以上に綺麗に印刷できたと、驚く利用者の声も多くあります。
最初から社外品であることに納得して使えば、品質で不満を持つことはないでしょう。
初期不良が多く使えない場合があることも、再生トナーの悪いポイントです。
回収したトナーを再利用しているので、実際に初期不良は多くなっています。
しかし初期不良についても、返品や交換ができる販売店で購入すれば問題ありません。
悪い評価はされていても、それに対する対策をしておけば、価格のメリットだけを享受できます。

再生トナーの回収方法

再生トナーの回収方法 再生トナーとはリサイクルトナーとも呼ばれ、プリンターやコピー機で使用し、空になったメーカー純正品のトナーカートリッジを回収して再利用したトナーです。
純正品と比較して非常に単価が安いのでコストパフォーマンスに優れていながら、品質も高く純正品に並ぶものも存在します。
また、リサイクル品のため環境にも優しい利点というあります。
ただし、純正品よりも初期不良が多く、トラブルが起きた際にメーカーの無償修理は受けられません。
純正品はメーカーブランドのため安心して購入出来たり、トラブルが発生した場合でも保証期間内ならば無償修理を依頼することが可能など、信頼性が高いというメリットがあります。
しかし単価が高いというデメリットがあり、コストパフォーマンスが悪く費用がかかります。
他にも、生産が終了してしまうと純正品を入手することが難しくなってしまいます。
再生トナーの回収方法は様々で、家電量販店などでは回収ボックスなどが用意されていることもあります。
他にも企業などで大量に出た空のトナーカートリッジを回収するならば、無料の回収サービスを行っている業者も利用できます。
回収したトナーは、分解して洗浄し、問題があれば修理するなどの工程を経てから再び使用されます。

おすすめのインク関連リンク

自社工場で再生される低価格で高品質なリサイクルトナー・リサイクルインクの製造直売サイト

リサイクルトナーはこちら